ヤマトヌマエビと言うエビの飼育を始めてみました!

読むほどでもないローキーズ社長日記

【た】で始まるレッドビー飼育技術

どうも
どうやら渾身のネタより基本的な飼育技術の方が求められている事にようやく気が付いたローキーズ常松です

コチラ

ローキーズ社長の“激論!あくまでそれ正解!”
【た】で始まるレッドビー飼育技術 

*ベテランブリーダーの方へ
 明らかに間違った使い方などの場合はご指摘ください
 初めての方にわかりやすいように一部簡素化してお伝えしています     


たったこれだけで底面の下にエビが入らないんです 


まずは問題画像(クイズじゃないよ。。)
DSC06229.jpg  
エビちゃんが底面のパイプに入ってます このまま底面フィルターの下まで

行ってしまったら大変です!

この技術を知らなかった頃はリセット時エビがたくさん底面フィルターの下から

出てきました スケスケになってますよ。。

さらにリセット時ソイルと一緒に埋もれてしまったら。。





エビはほとんどソイルの上で過ごしますのでソイルをキレイにしてくれる底面ろ過は

エビ飼育にとって最適と言えます
DSC06209.jpg 
箱を開けます

初めて見るとなんか複雑に見えますが説明書を見ながらやれば簡単に組み立てできます
DSC06213.jpg

水槽の置く位置などを考えながらどちらの穴を開けるか考えます

どうしても決めれない時は両手でじゃんけんをします

右にします
*右が勝った場合
DSC06214.jpg


「どちらかの水出口のフタを取り除いてください」と書いてます
DSC06280.jpg 


絶対1個も開けたらアカンよ~!!

あくまで正解的立ち上げ法ではじゃんけんはしますがどちらが勝ってもどちらも

フタは開けません

ただの水の通り道ですからそのままセットします
DSC06215.jpg
  
ブログ史上2回目のフラッシュ撮影

以前はエアの吹き出し口にストッキングをかぶせたり色々やってました
*独身の男性はこの時会社の女性社員に「破れたストッキングちょうだい」と言います

これからはフタを取らなければ会社で変な噂も立ちません
*明日会社で「もう破れたストッキングは要らないよ」とけじめをつけて来てください

すでに法定の場で争っている場合は速やかに敗れます

破れたストッキングで敗れて破れかぶれになります 

DSC06217.jpg 
  
底面フィルターが出来たら達成感を噛み締めます

気の合う友人をホームパーティーに呼んでもいいでしょう


そしてここに置きます
DSC06218.jpg
 
ここですよ(5段ラックの最上段に設置した水槽の下から画像)

この時あまり調子に乗ると脳挫傷を起こす危険性があります

DSC06222.jpg  

エビの数はともかく他の水槽もほらね ここです
DSC06241.jpg

理由は餌の食べ残しです

餌をあげるとき後ろの流木の裏に投入する方はいないでしょう

餌は全面ガラスすれすれに入れて観察しますね

だから崩れる餌(ローキーズではエビサプリなど)は底面フィルターの上で

あげるようにします 食べ残してもソイルが汚れにくいです
DSC06238.jpg

ただし気を抜いているとすぐに
DSC06275.jpg   

新たな勢力が出てきていとも簡単に鞍替えします
DSC06270.jpg









結論  
選挙にいこう

次回は
【ち】で始まるレッドビー飼育技術をお送りします              

            

    
しばらくお休みしようと思いましたがたくさんの方に応援して頂いていますので時間の合間を見て
更新しようと思います 更新頻度は落ちますがご了承ください 次回も楽しみ~と言う方はお願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ 



スポンサーサイト

テーマ:レッドビーシュリンプ - ジャンル:ペット

  1. 2012年12月01日 21:21 |
  2. 激論!あくまでそれ正解(初心者向き)