レッドビーシュリンプを3匹飼育しています!

読むほどでもないローキーズ社長日記

【ち】で始まるレッドビー飼育技術

どうも
お店をやりたいと言う人が来たのでチャームと言う業者を紹介したローキーズ常松です
 

人気カテゴリー調査やってます
コチラ

ローキーズ社長の“激論!あくまでそれ正解!”
【ち】で始まるレッドビー飼育技術 

*ベテランブリーダーの方へ
 明らかに間違った使い方などの場合はご指摘ください
 初めての方にわかりやすいように一部簡素化してお伝えしています      


稚えびを残す技術 

今回は店頭で一番ご質問の多い稚えびの残し方となります

ここさえクリアすれば1匹のエビから1回で20匹・30匹と生んでくれるので

普通に考えれば増えていくはずです。。

立ち上がりから45日前後 
DSC05386.jpg
 
稚えびが出てきました
DSC05310.jpg

移動しました→【す】で始まるレッドビー飼育技術 ご覧になっていない方はどうぞ

DSC05461.jpg

レッドビーも同じく

DSC0553211.jpg

稚えびが増えてきました
DSC0644711.jpg


移動しました
DSC07242.jpg
今回はこの移動するまでのサイズのさらに小さい稚えびちゃんのお話です

上のプラケース個体サイズになるとエビはほとんど死にません

このサイズで脱皮をすでに4日に一度程度で4~5回繰り返しています

今回の稚えびとは生まれて0日から2週間までのまだ色が付いていないような

個体の生存率についてです
DSC06337.jpg
 
真ん中あたりの白ビーとターコイズも稚えび(5ミリ)ですがこのサイズになると

ほとんど死にません その周りにいる2ミリ~3ミリまでの個体が残らない人が

多いようです
DSC06356.jpg 

モスラの生まれたて
DSC08445.jpg 

シャドー
DSC08447.jpg 

レッドビー
DSC08460.jpg 

真ん中の色のついたモスラはすでに5回ほど脱皮をしています

その手前の薄い個体が上の個体と同じ個体です

この2匹を「稚えび」と一括りには出来ませんね
DSC08463.jpg 

上の画像にある超稚えびちゃんを残す基本的な注意点です

その01
上部ろ過・外部ろ過から吸い込まれていないか

エビは隙間があれば何故か入りたがります

画像に無いですが荒目のスポンジフィルターは超稚えびちゃんにとってウルトラ

お気に入りの場所です どんどん入っていきます 
DSC0635211.jpg 

 水中ポンプも同じですDSC06353.jpg

この細かさなら問題ありません

底面フィルターを使うのはその心配がなくこの点でもエビに適していると言えます
DSC06354.jpg
 
その02
餌が行き渡っているか?

2回目の登場 オールインワンです(宣伝ですいません。。)

この餌で無くても構いません 粉の餌が必要です

偉い人に聞いた話ですがエビの内臓はほとんどが消化器で胃がない!?らしく
*この件に関してはかなり大体情報です

すぐにおなかが空くらしいです

たしかにエビちゃんは一日中ツマツマしてますね

当然小さなエビほどこの傾向は強く常に餌のある状態が必要です
DSC06344.jpg

餌が無くて餓死するのではなく体力が無い状態で脱皮をした時に死んでしまう

ことがほとんどです 脱皮直後に死んでしまった超稚えびちゃんを何度か見てます。。

「生まれたての超稚えびちゃんはガラス面で見かけるのに数日経つといなくなる」

と言う方はこの原因が考えられます おそらく1回目の脱皮までは生きてます


超稚えびちゃんでもつまつまやってますよ

朝と夜に分けて少量ずつ餌やりが出来るならそうしてくださいね
DSC06351.jpg 
その03
水深を浅くする(大体15センチぐらい)

これは賛否があると思いますがあくまで私の8年前のやり方とご理解ください

エビ水槽が増えてきてついに2階の子供部屋にまで水槽を置きだしたんですね

さすがに床が抜けたら大変と水深を半分ぐらいにしました

そしたら稚えびの生存率があきらかに上がったんですね
DSC06347.jpg  
小型水槽でうまくいって調子に乗って(すいません。。)大きな水槽にして失敗する人も

多いですね もしかして水深が影響していませんか??

こんな話もあります

最近はご無沙汰しているシャドーで一世を風靡した関東のブリーダーさんが

あの地震で水が水槽から溢れるので水深を浅くしたそうです

そうすると嘘みたいに稚えびの生存率が上がったそうです(嘘ではないですよ)
 

最後にもう一つ

その04
生まれたての一回も脱皮をしていない超稚えびちゃんがいるときは
水替えはもちろん足し水もしてはいけない


大げさに言うと親個体の100倍小さい超稚えびちゃんはちょっとした水質の

変化に100倍敏感と言うことです

水を蒸発させないためわざわざガラス蓋をしているブリーダーさんもいますよ



「そんな事言ったら俺の水槽いつでも稚えびだらけやから水なくなるやんけ!」



そんな方にこの記事は必要ありません




結論   
超稚えびちゃんに合わせた飼育をしよう

*5ミリ超えたらどんな環境でもそうそう死なないので


次回は
【つ】で始まるレッドビー飼育技術をお送りします               

             

    
水深下げたろか~と言う方はお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ 



スポンサーサイト

テーマ:レッドビーシュリンプ - ジャンル:ペット

  1. 2012年12月03日 00:02 |
  2. 激論!あくまでそれ正解(初心者向き)