ヤマトヌマエビと言うエビの飼育を始めてみました!

読むほどでもないローキーズ社長日記

驚異のジャパンブランド力

  (中国12億人のパワー“大連店の軌跡”)   

どうも
風前の灯 ローキーズ常松です




日本の錦鯉を直接輸入しています!(と書いています)
138823886_1 - コピー 
ローキーズインターナショナル大連は中山公園大水族館内にあり

約100店舗中半数以上が錦鯉の専門店です その全てが日本製の錦鯉を

売っていると看板に書いています(実際は内陸から仕入れたものがほとんど)

なぜ「日本の鯉です」と言う理由は簡単

兎に角日本製と言っただけで高く売れるんですね

お土産は化粧品ならばシャネル・ディオールより資生堂・SKⅡが超人気です

ちなみに上のPOPも私が作ったのですが私一人でも店番が出来るように

壁にはレッドビーの飼育方法を中国語で記載しています(間違ってるかも知れません。。)
pop14.jpg
1日8時間~大体12時間ぐらいライト当ててねと書いてます

今気づきましたが中国でも大体使ってましたね

あと殺虫剤使ったらエビ死ぬよと書いてます

*中国語で「大体」は「左右」 ゾウヨウのカタカナ読みで通じます


こちらは私が名づけた黒「ブラック」影子「シャドー」熊猫型「パンダタイプ」

本当なんでしょうか??まあ言ったもん勝ちみたいな感じなんで

色んな名前を付けました
シャドーパンダ型


さて前回は赤じゅうたんを敷いてコトブキ水槽やライト・超高級水槽台が届いてました

今回は4回目の渡中 どんどん組み上げていきます
DSC01754.jpg 

看板もきれいに作ってもらいました(手前から日本人・日本人・中国人) 
DSC01760.jpg 

ジャパンブランドを売るためわざとカタカナにしました 
DSC01793.jpg

中国でも全て底面使用

日本で500円ぐらいで売っているバイオフィルター30を3500円で売ってやりました
DSC01801.jpg 
ただ次回大連にいった時には周りのお店が底面だらけで200円ぐらいで売ってました。。 

マスターソイル(日本で2000円ぐらい)も5000円で売っていたのですがすぐにどっかから

持ってきたか作ったか。。分かりませんが類似品が現れます

実は中国人は中国人の事を信用しておらず嘘をつく事はあまり抵抗が無いようです

「騙された方が悪い」と言う理論は本当に中国には存在します

なので日本人が売る日本製なんで高くても良く売れました
(バイオフィルターの箱の裏にはメイドインチャイナの文字が。。)

大体配置は終わり
DSC01807.jpg

看板もつけてもらいライトをつけたら
DSC01813.jpg 

よっぽど暇なのか山下きよし等が寄ってきます

この地点でエビはまだ一匹もいません
DSC01837.jpg 

おいおい 勝手に入るなよ

聴かれるのは「これは日本製か」ばかりです

ダイソーのプラケースまで「日本製か?」と聞かれます

「いくら?」「1000円です」「高いね」「日本製ですから」

この会話は果てしなくした記憶があります

日本製は高いんだよ!
大体物価は10分の1です タクシー3キロ90円・バスどこまで乗っても12円
この時3人でラーメンを食べに行って合計100円でした
 
90センチ3灯式ライト(中国製 画像のライト)1500円
秘伝の餌2500円と言う不思議な価格戦略
DSC01866.jpg 
こうして水槽立ち上げまで完了

次回ようやく生体を投入するところまでたどり着きました





日本製は中国で良く売れますが




中国製は日本ではあまり売れませんでした。。

DSC08142.jpg 昨日売れ残った気管支炎になるマスク


これが4回目の大連の様子です

あと2回でオープンしますよ~
 
目標の180日後まであと1か月あまりしかありません





続く。。。  

 
次回は
「ついにオープン初日の売り上げ!」をお送りいたします      


   


たぶん灯消えてるよ~と言う方は応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ

スポンサーサイト

テーマ:レッドビーシュリンプ - ジャンル:ペット

  1. 2012年12月06日 21:35 |
  2. 中国12億人のパワー“大連店の軌跡”