ヤマトヌマエビと言うエビの飼育を始めてみました!

読むほどでもないローキーズ社長日記

シュリンプの世界相場動向(ネタナシ)

レッドビーシュリンプ
ハイグレードはここ数年上昇基調 モスラ人気から紅脚・二の字へ移行 日本のトレンドの
3~5年遅れて追随 ブームは続く
ローグレードはじわじわ下げて現在下げ止まり 画像はlowkey201
S__2818162.jpg
黒ビー
日本国内ブリーダーの大半が撤退により需要と供給のバランスから今年に入って人気化
現在なら種親クラスが安価で手に入る 画像はebisquid

S__2818160.jpg
ブラックシャドー
現在は底値
本拠地台湾ブリーダーがシャドーからクラウド系に以降 現在はレッドギャラクシーが話題の中心
日本国内でも累代を重ねブリードに成功しておりかつての希少価値はなくなった
特徴のある個体 ブルー系モスラなどは根強い人気 
S__2818159.jpg
画像は神ブランド 哲神 RT出品個体
DSC06264.jpg
レッドシャドー
ブラックシャドーからレッドシャドー・ブラックピントからレッドピント
ブラックギャラクシーからレッドギャラクシー
いつもの市場人気化の原則通り新種のレッドをブリードする目的もあり昨年末から
再ブレイク 相場は一時期の2倍程度に そろそろ落ち着く
DSC06090.jpg
ピント
ドイツを中心としたブリーダーがまとめ売り段階に
また台湾でも大量ブリードに成功しており一部ハイグレード以外は一段安に
レッドピントも今年に入り相場が急下降 しかしフルスポットのレッドはその見た目の
完成度から人気が根強い
今後900水槽に2000匹フルスポットなど壮大な水槽を見せてくれる日本人が誕生するかも知れない
S__2818157.jpg 
ゴールデンアイ
金目ブームで再ブレイク 一時市場から消えるも5年越しの復活 現在は流通量が少なく
世界のブリーダーが探し回る状況
海外ではBTOE(ブルータイガーオレンジアイ)の名で流通

ブラックダイヤ
こちらも同じく金目で再注目 特に韓国でのピンポイント人気が目立つ
見た目の同一性から観賞用としての継続的人気は弱いが新種ブリードの過程で
重宝されている様子 現在海外は国内相場の2倍程度


グロッシーシュリンプ
大半の市場予想を覆し未だ生存している
昨年末奥さんに携帯電話を1か月で3度海に捨てられるなどエンターテイメント力は
Thailandでさらにパワーアップ  
12998484_262737754066604_8853333599834667610_n.jpg

今年も世界人気の中心はレッドビーシュリンプ
日本人がドイツのピント・台湾のギャラクシーを欲しがるのと同じで世界中に
日本のレッドビーが欲しい!っていうマニアが想像以上に存在します

その中で新種系ではタイガー系・縦ライン系・金目系に注目が集まりそうです

趣味の世界ですから自分が増やしたいエビを増やしましょう!増やさないと面白くない!


CM
こちらは縦ラインレッドピント フィッシュボーンの登場で縦ラインが新種の主役に
画像はエビクリ2.2センチ♂ RT出品12000¥(宣伝超特価です)
20160423_6eb596.jpg 


Which Shrimps Do you want?
0427RT.jpg





↓押して~

blogbutton2.jpg
人間は180日で何が出来るのか?シリーズ第三弾!2015年8月20日開始しました

スポンサーサイト
  1. 2016年04月24日 09:10 |
  2. ブログ限定!セール&緊急告知(お客様向き)