レッドビーシュリンプを3匹飼育しています!

読むほどでもないローキーズ社長日記

新天地を求めて一路大連へ!

(中国12億人のパワー“大連店の軌跡”) 

上海で完敗した後色々調べていると日本企業が多く進出している大連を知った

お恥ずかしながら大連と言う地名もこの年まで知らなかった

「よし 行ってみるか」

あまり気が進まなかったが和橋会と言う日本人同士が中国でビジネスをする

さいに助け合う会があると言うのを知り色々指南を受けた

現地のケンピンスキーホテルにチェックインしている時である

日本の知り合いの社長から電話が掛かってきた

「後ろ後ろ」

訳が分からず後ろを振り向くと偶然にも日本でお付き合いのあるA社長が

そこに立っていた

彼はカー用品店を大連で2店舗経営しているとの事(早く言ってよね。。)

「これはラッキーかもしれない」

会社の設立・物流など多くのアドバイスをもらった


そしてこれも言葉では伝えにくいニュアンスだが

何となく肌があう。。

DSC01873.jpg 

こちらが結果的にローキーズインターナショナル大連を開業した中山大水族館

中国で初めて見つけた屋内型の水族館(アクアショップ街)である

広大な売り場に10坪ほどのお店が100店舗ほど軒を連ねている

話によると外国人経営は一店舗もないとのこと

しかも全ての店舗が営業中で空き店舗が見つからなかった

通訳のMさんに管理人の劉さん(りゅう)を紹介してもらう
 20100529143301.jpg
全身真っ黒でもみあげが印象的な管理人の劉さん

「君 日本人が店をやりたいと言っているんだが立ち退く気はないか」

みたいな事を言っていたようだ

何ともストレートである

中国の家賃は一年払いである

結果的にこの一番気に入った場所を現オーナーから半年間を

2年分の家賃で交渉成立(多く見えますがこれで約50万円)
100708_133626.jpg
通訳のMさんが言う

「劉さんが交渉したので手数料2000元欲しいいってますよ!」

私「そうなの??いくら?僕が渡すの???」

通訳Mさん「私あとでわたすよ 2000元(約25000円)ください」


本当にこのお金は劉さんに無事渡ったのだろうか?

この後6回目の渡中でオープンを迎えるまで中国人の一番初歩的な

二言語を利用したピンハネテクニックにかなりやられてしまう事となる

通訳のMさんは付け加える

「劉さんにもらったか聞いてもいわないですよ 中国それ禁止ですよ」

なるほど完璧である




イーアールサンスーのリスニングが出来るだけでこのテクニックは

簡単に阻止できることも後々判明した 


こちらが金銭トレードしたお店 すぐに撤退にかかっています
100709_120004.jpg 







続く



次回は
「大勢の中国人が手伝ってくれた」をお送りいたします   


   


四流ドラマよりまあまあ次回が気になるよ~と言う方はどうぞ!(早めに執筆いたします)
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
スポンサーサイト

テーマ:レッドビーシュリンプ - ジャンル:ペット

  1. 2012年11月17日 00:01 |
  2. 中国12億人のパワー“大連店の軌跡”