ヤマトヌマエビと言うエビの飼育を始めてみました!

読むほどでもないローキーズ社長日記

SKY FISH社長が認める2人の日本人

フェイスブックをやっている方はご存じだと思いますが左がSKY FISH社長のソウさん
彼が現在世界のシュリンプ業界の中心にいることは間違いない

*右の人は特に気にしないでください
12107914_942613332464651_6787734274520376473_n.jpg

今年で2回目のコンテスト(台湾です)
13575949_652003141621825_8394317629591250482_o.jpg 

昨年コンテストに見学に行った際 個体展示水槽の調子が絶好調だったのでソウさんに
聞きました

「別の場所で1カ月以上前から立ち上げてここに持ってくるんだよ」
みたいなことを言っていました すごい。。

12107832_944660462259938_5529485436509385802_n.jpg
12111953_944660578926593_5038944121717062128_n.jpg


こちらがソウさんが認める日本人の一人目

誰?知らない??余り前には出てこないですから。

現在レッドビーシュリンプでこの人に勝てる日本人(もしくは地球人)はいないですね

CRIMSON代表 織茂氏
12118728_551646671657473_3110386597721751807_n.jpg

織茂さんは英語・中国語がしゃべれるのでアジア圏の人ならほとんどコミュニケーション

が取れます うらやましい


後ろにいるのはローキーズシンガポール代表アルビン・チャン

ちなみに彼も英語と中国語をしゃべります

今度シンガポールに行ったら看板変わってそうな勢いです!笑



昨年に続き今年もコンテスト審査委員長は織茂さんが務めます


シュリンプの中心を日本から台湾へ移行したい主催国「台湾」が日本人を審査委員に

選ぶ意味は?私の予想が間違っていなければソウさんやるね!と言う感じです
(この点に関しては織茂さんとも意見は一致しております)






さて迷惑メールが届きましたのでついでに紹介しておきますと

こちらも世界の中心にいるドイツ ミハエルナダル氏

*右の人は全く気にしないでください

9497.jpg

↑左下に写ってはいけない人が。。

昨年の紅蜂講演会で「3重劣勢」「脱皮の皮には表と裏と真ん中があるんですよ」などと

発言し誰にも理解されなかった伝説の講演会の主役です






もう一枚迷惑メール


右端に写っている人が漁師さんです

確か名前はジャクソン セバスチャン サミュエル(略称JSS)


JSSは和歌山の海を知り尽しておりシーラ・マグロなど大物ポイントへと導いてくれます

「おらんとこで釣っても釣れんのよねぇ おるとこなら俺がしっとるけぇ」

座右の銘は「知らないと損します!」とのことです


*真ん中に写っているライフジャケットが締まらない人は気にしないでください
9496.jpg
*お腹には万が一遭難した時の為に唐揚げを仕込んでおります



そしてSKY FISHソウさんが認める日本人2人目はローキーズ社長

だったら良かったのですがコンテスト審査委員の打診すらありません!笑


2人目はSKY FISH日本代理店プロジェクトにも参加したメンバー

Mr.YOKOYAMA
12074801_942613265797991_7647875729723146864_n.jpg 



13612106_1797984807088363_3493400374382880289_n.jpg
問題:黒のファンシータイガーをベースに使って3世代後にレッドギャラクシーコメットを出すにはどうしたらよいでしょうか?


何とこの中の2人が全く同じ回答 一人はMr.Yokoyama


私の答え
:F3までの時間を利用して頑張ってお金を貯める

これはショップ的には正解・ブリーダー的には不正解かもしれません




台湾陣は国内で情報を共有化している  フィッシュボーンを使わずにフィッシュボーンを作る方法など無数のブリーダーが知っている やはり強い


日本陣は他の日本人に負けないため公開しない


もはやレッドビーに始まったシュリンプブームが新種を交え世界中を巻き込み

加速度的にどんどん発展していることを理解する必要があります





そう言えばいつかどこかの漁師さんが言っていました


「知らないと損します!」


まだまだ行くぞ~押してぇ!!


にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016年07月21日 07:44 |
  2. JSS