レッドビーシュリンプを3匹飼育しています!

読むほどでもないローキーズ社長日記

チャームに勝るとも勝らない品ぞろえ!そしてフィッシュボーン30キューブ60本

子供に「お父さんの仕事何してるの?」と聞かれてすぐに答えられない仕事の方が儲かるという話を聞いた事がある

子供に答えにくい 例えば一部の夜の仕事や怪しい仕事もある意味子供に答えにくくそして儲かるのかもしれないが

それだけでは無く商社マンやメディア関係の仕事などちょっと子供に説明するのは難しい仕事が儲かるらしい

なぜなら簡単に真似できないから


子供に説明できない→わかりにくい→簡単に真似できない→儲かる と言う事らしい


会社をやっていても「美容室・たこ焼き屋」なら分かりやすい半面真似されやすいと言うデメリットがる

こちらの会社をご覧頂きたい
S__3178568.jpg
まず大人でも何をやっているか分からない

でも何年たってもそこに存在していると言う事はこの莫大な土地を維持管理するだけの収益性があるという事

そして真似ができない 出来そうで出来ない いやいや出来てもやりたくない

色々ご意見はあることでしょう


それでは何をやっているかご紹介しましょう




これだけの巨大空間なら商品点数で勝負も出来るのだがそれなら真似される可能性がある
 
故に品ぞろえは極めてシンプルに厳選された商品のみを取り扱うあたりがプロである
S__3178569.jpg

オーバーフロー水槽にスポンジフィルター 水中ポンプまで一気に揃う

気配りが垣間見えるのは水槽の設置場所がコンセントから50メーターほど離れたことも想定して延長コードも本格的なものが用意されている


その中でもダントツ人気のテトラPⅡフィルターの在庫回転率は異常に高く他の商品の群を抜いているとのことで

視察に行った当日も在庫が残りわずか2個となっていた
S__3178570.jpg 




あとはソイルとライトとエアホースとエアポンプと底面濾過と流木と水草と水槽クーラーとオーバーフロー濾過水槽のみチャームで購入すれば

シュリンプ飼育が即楽しめるようになっている


どうしてもオーバーフロー水槽が嫌な場合はオーバーフローの穴を閉じる加工も相談に乗ってくれるとの事(8万円~税別)


何ならチャームで全部買ってもシュリンプ飼育を楽しむことは可能となる


顧客満足度と言うよりまさにカスタマーサティスファクション状態 なかなか真似は出来なかろう




商品販売がこの会社の柱であることは明白であるがシュリンプブリードにも趣味程度に取り組んでいるようである
S__3178566.jpg
↑フィッシュボーン稚エビ水槽(一部)


シュリンプブリードに関しては一目瞭然のご覧のとおり

ご覧いただければお判りの通り全ての商品をチャームで注文している

そして2年ほど前に台湾でフィッシュボーンを60匹購入 以降一切混ぜずにひたすら増やしている

ただソイルは1年前に「強烈に稚エビが残る凄い土」を発見した模様
*画像のソイルではない

それまではスカスカスッピンだったらしい

ブリード難易度が結構高いイエローキングコングも稚エビだらけです
S__3178567.jpg



今回種親水槽は非公開とのことで画像ナシですが何匹かその他の水槽個体を撮影してきました

フィッシュボーン×フィッシュボーンから生まれた完全フィッシュボーンです
DSC07764.jpg
DSC07781.jpg
DSC07785.jpg
DSC07792.jpg
DSC07823.jpg

F2がとっても楽しみになるこちらのレッド変換器の詳細は9月に発表予定です
DSC07837.jpg
DSC07840.jpg

レッドナナシーも100匹ぐらい
DSC07880.jpg 

ブラックピントも300匹ぐらい
DSC07877.jpg

ブラックシャドーも2000匹ぐらい
DSC07872.jpg



あかん!ローキーズの売り方簡単に真似できる。。


↓と言う事で全部RTに出ます!↓押して~

にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016年07月26日 23:40 |
  2. JSS