ヤマトヌマエビと言うエビの飼育を始めてみました!

読むほどでもないローキーズ社長日記

舞台は世界戦!強力タッグ

世界アクアリウム2大コンテストの一角 アクアラマがマモナク開催されます


以下は2年前シンガポールで開催された様子
IMG_5652.jpg

シュリンプコンテストはローキーズシンガポールが運営しました
IMG_5662.jpg

レッドビーで優勝した台湾のエビ(台湾が出品したエビ)
IMG_5667.jpg

カウンタックとマセラティは当たり前 カローラが遂に1000万円を超えたようです
IMG_5688.jpg

やはりここでもブースがデカい 台湾ブース
IMG_5709.jpg

ローキーズも頑張ってます!誰のエビか忘れた
IMG_5718.jpg

IMG_5731.jpg

IMG_5762.jpg

シンガポール会場では私が「日本のレッドビーシュリンプ市場」をテーマに講演会を行いました
IMG_5740.jpg

衝撃度ナンバーワン画像
左がシュリンプコンテスト 右がアロワナコンテスト シンガポールと言えばアロワナだったはず
IMG_5761.jpg

IMG_5772.jpg

IMG_5781.jpg
順番待ちする人たち ならんでも欲しいレッドビーシュリンプ
IMG_5784.jpg
IMG_5794.jpg

IMG_5846.jpg

初めてみたレッドビーを動画撮影するシンガポールの人たち
IMG_5866.jpg

11011992_938411176211780_9185008524000270674_n.jpg

SPECIAL THANKS!
11390102_10206901716407772_1821248703192134459_n.jpg



2014年シンガポール→2016年中国へ
13407163_1079244458801537_1594478149268108263_n.jpg 

グランドチャンピオンに賞金 約10万円となっています

注目すべき点は2点あって


まず1点目は金額なんてどうでも良いんですがつまりフィッシュボーンとかフルスポットピントとかレッドビーシュリンプとか言う分け方ではなく全てのエビの中でチャンピオンが決まるという点です

そしてもう1点はコンテストのタイトルが「Crystal Bee competition」となっているにも関わらず表紙画像が台湾が今年プロデュースするブルーボアになっている点です


*いつも説明は書かないのですが今回だけ特に大切なことなので注釈を書きます
「クリスタルビーコンテストでレッドビーシュリンプを差し置いて台湾のブルーボアが優勝!」と言う事実が出来上がり世界中に拡散されると言う事ですね


今日の5・7・5
コンテスト 出る気はあるが まだ稚エビ (lowkey201)





アクアラマは品格・世界的信用・歴史において世界最高峰のコンペティションです

2年前にコンテストで受賞した台湾ブリーダーもその名誉を一つの武器としてショップ開業した方もいますね

コンテスト入賞すればその国・そのブランドは一気に世界的ブランドとなってきた過去があります


まさに世界戦!Do you have an idea and an energy?
スポンサーサイト
  1. 2016年08月25日 10:47 |
  2. 読むほどでもないローキーズ社長日記