レッドビーシュリンプを3匹飼育しています!

読むほどでもないローキーズ社長日記

【す】で始まるレッドビー飼育技術

 どうも
知り合いに今時アイパッド買うなら緊急時にお湯を沸かせるホットプレート機能付きがいいよと言われ 3日ほどネット検索で探したローキーズ常松です
*今度騙し返してやります




ローキーズ社長の“激論!あくまでそれ正解!”
【す】で始まるレッドビー飼育技術 

*ベテランブリーダーの方へ
 明らかに間違った使い方などの場合はご指摘ください
 初めての方にわかりやすいように一部簡素化してお伝えしています  


捨てたらアカンその袋

DSC05318.jpg ソイルが舞わないように袋の上から水を入れてくださいね





終わり







これだけだったら怒られるので。。


ローキーズ社長の“激論!あくまでそれ正解!”
【す】で始まるレッドビー飼育技術


すくった稚エビを大きい水槽に入れよう

このカテゴリーは8年前に私が実践していた内容を忠実に再現しています

今回の内容は特に一般的な飼育方法とは異なると思いますので

参考程度にご覧ください


以前の動画でミジンコが少なかった方の水槽です
その後回復 稚えびの生存率は80%以上と思われます
DSC07213.jpg  どうしても稚えびをすくってしまいます。。

理由として
①稚えびが多すぎると抱卵しないように感じる
②親に踏まれてそうでかわいそう
③何匹いるか確認したい

③番が結構大きな理由だったりします。。


普段ほとんど網は入れないので親御さんたちはビックリしています
DSC07236.jpg  流木の置き方にもポイントが。。次回【せ】でご紹介します
*知ってる人先言わんといて~

すくった稚えびです 親個体25匹ぐらい 立ち上がってから2か月弱と思います
DSC07242.jpg 
やっぱりバンドが多いですが良いんです!
DSC07245.jpg  

すくった稚えびは何もいない60センチ水槽に投入します

8年前は90センチ水槽や120センチ水槽に投入していました
DSC07225.jpg 
底面フィルターのみで【あ】の飼育技術を使ってます

なぜ大きな水槽に移動するかと言うと

①稚えびの成長が明らかに早い
②稚えびに合わせた餌をあげやすい
③死んでしまっても発見しやすい

親個体と一緒に入っていると稚えびが死んでしまった場合すぐに

食べられてしまいます

親個体の☆さんは見たことあると思いますが稚えびの☆さんはあまり

見ないでしょ
☆マークは死んでしまってお星さまになったと言う事で皆さんが良く使います
DSC07226.jpg 
何となくよさげな個体はそのままおいておく場合もあります
DSC07238.jpg 

問題点として
①血統管理などが出来ない
②水槽がたくさんいる
③暇がかかる


私の場合は
①レッドビーは1種類としてまぜこぜ
②まだまだ余っている
③暇だけはある

と言うことで以前よりこの方法で増やしてきました


そんな小さなエビを移動させて死なないですか!

そんな声が聞こえてきそうです

大丈夫 移動させて死にやすいのは親個体です
*これはベテランさんもうなづいてくれるはず。。





うれしいことは稚えびを移動した水槽の稚えびは自分の水槽で

生まれた稚えびでありその水槽にレッドビーがいっぱいになると

心の底から嬉しいんです 増えた実感も出来ますよ~


但し200匹ぐらい入れてもこれぐらい切ないので注意してください
DSC07267.jpg 

DSC07265.jpg

大きくなってきたら出荷組とブリード水槽に出戻り組とに分かれます




結論
大きい水槽で稚えびを育てよう!


次回は
【せ】で始まるレッドビー飼育技術をお送りします          

        

   
やってみようと思って水槽見てみたら稚えびおらんがな~と言う方はどうぞ!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ 



スポンサーサイト

テーマ:レッドビーシュリンプ - ジャンル:ペット

  1. 2012年11月20日 20:50 |
  2. 激論!あくまでそれ正解(初心者向き)