ヤマトヌマエビと言うエビの飼育を始めてみました!

読むほどでもないローキーズ社長日記

やっぱレッドビーかな

ブームを乗り越えてジャンルとして長く続くものには3つの特徴があります(必需品除く)

現在の価格が高い=ブームなのかジャンルとして定着しているのかは

ビジネスで取り扱うなら見極めが必要です

趣味ならそんな難しいことはさておき「欲しいものは欲しい!」で

よいのは言うまでもないです

他の人に理解されるかどうかなんて事は一切関係のではないでしょうか?

「見せびらかさずに一人で楽しむ大人の楽しみ」

これがLOWKEYSの語源です
18194106_1939705539582955_2953647366156911369_n.jpg 

それで「黙々と作り上げたものを沢山の人に見てもらいたい!」と言う

気持ちになればコンテストや品評会などに出展するのも趣味の醍醐味の

一つと思います



ブームを乗り越えジャンルとなる特徴の一つは価格帯の広さがあります

例えば錦鯉は100円?から3000万円まで30万倍の価格帯があります

全て100円だとビジネスが成り立たないし全て1000万円だと愛好家も一部に

限られる 

また全て100円だと「俺の友達は3万元の紅白を持っているから俺は5万元のものをくれ!」

などと言う中国人もいなくなってしまう

「俺の友達の友達が5万元の紅白を持っているから俺は10万元のものをくれ!」と言う

中国人へつながらない
20121206205650c3c_20170429100445247.jpg 
↑LOWKEYS大連で販売していた錦鯉  輸出は一か国経由して行う必要があります






希少価値で高いものは希少価値がなくなれば安くなるのは当然のことかもしれない


ジャンルへと確立されるものの特徴はあと2つあるがここでは割愛しますが

錦鯉はまさにこの3つの条件に完全に当てはまります



只今長久手では本気でレッドビーをやりたい方へ本気のアドバイスをされているとの

事です 期間は社長の気が変わるか中国へ戻るまで!笑

一定の条件はありますのでblogなどでご確認ください→コチラ

IMG_0387.jpg 
↑キレ気味!笑


本気でラーメンを極めたい方もどうぞ~!

にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017年04月29日 10:16 |
  2. 読むほどでもないローキーズ社長日記